胆振・日高地域 高圧送電線 工事・点検

事業紹介

SERVICE

事業内容

送電線工事

送電線の建設工事について順を追って紹介します。

Step1 施工計画

工事工程、作業工法、作業手順、安全方策等について検討します。

施工計画画像

Step2 資機材運搬

(1)車両による運搬

車両での運搬が出来るように鋼板・砂利・簡易舗装等により仮設道路を造成します。

砂利による造成画像

砂利による造成

簡易舗装画像

簡易舗装

鋼板敷設画像

鋼板敷設

(2)ヘリコプターによる運搬

仮設道路の造成が困難な山岳地等ではヘリコプターを使用します。

ヘリコプターによる運搬画像

Step3 鉄塔基礎工事

(1)直接基礎

コンクリートにより基礎体を造ります。

直接基礎画像

(2)杭基礎

荷重を支持出来る地盤まで杭を打ち込み基礎とします。

杭基礎画像

Step4 鉄塔組立工事

(1)クレーン組立

車両の乗り入れが出来るとき使用します。

クレーン組立画像

(2)台棒組立

クレーンが使用出来ないときの工法です。

台棒組立画像

Step5 電線架線工事

(1)延線作業

ドラムに巻かれた電線を鉄塔間に張ります。

延線作業画像

(2)緊線作業

延線された電線を規定の張力で碍子連に取付けます。

緊線作業画像

Step6 完成

社内検査の後、受注先の竣工検査を受け完成です。

完成画像

送電線保守

保守業務には定期点検と修繕作業があります。

設備点検

鉄塔等の支持物、碍子、電線、付属品について定期的に点検を行います。

電線点検画像

電線点検

碍子点検画像

碍子点検

接地抵抗測定

支持物の接地抵抗値を測定し規定値との確認を行います。

接地抵抗測定画像

特定巡視

送電線周辺での他事業者による作業計画の把握と近接作業発見時の注意喚起等を行い公共の安全確保と営巣材等による停電事故防止を図っています。

特定巡視画像

碍子取替

経年による発錆のため取替しました。

碍子取替画像

振動防止ダンパー取替

経年による発錆のため取替しました。

振動防止ダンパー取替画像

パンザーマスト地際部材取替

農耕機接触による損傷部材を取替しました。

パンザーマスト地際部材取替画像

ジャンパー補強装置取替

ジャンパー線の跳ね上がりによる地絡事故防止のため改良型に取替しました。

ジャンパー補強装置取替画像